NEW

会場を用いた例会等の会活動に関するガイドライン

博多支部からのお知らせ

(一社)福岡県中小企業家同友会
代表理事 新内 一秋
代表理事 髙谷 幸一
代表理事 有田 栄公

【例会等を対面で開催する際の注意事項】
〇入室時に手指エタノールによる消毒を必ず行います。
〇入室時に体温測定を行い、少しでも体調がすぐれない方や発熱がある方は、活動に参加しないでください。
〇マスクは必ず着用します。マスク不使用の場合は入室をお断りします。
〇開閉可能な窓がある会場では換気を行います。目安は一時間に一度とし、窓を開けたままサーキュレーターなどで室内の空気の循環をはかるのが望ましいです。
〇会場の席数は収容人数の 50%以下とします。収容定員が設定されていない場合は、密集の回避を行った上で、充分な人と人との間隔(1m)を設けられ、かつ、当該間隔の維持が可能であることとします。
〇席の配置は、ソーシャルディスタンスを保つことができるよう工夫してください。
グループ討論の場合、基本的には長テーブルに一人掛けにすると十分な距離が保てます。どのような形であっても、距離を確保することと対面にならないような工夫が必要です。
〇マイクは使いまわしをしないでください。もし、使いまわす場合はエタノールで消毒しましょう。例会等が長時間に及ぶ場合は、ドアノブやトイレの扉など接触が多い部位を定期的に消毒しましょう。
〇会合終了後、参加者の氏名等は速やかに事務局に報告ください。参加者データは 14 日間必ず保管しておきます。また、必要に応じて保健所等に提出する旨を事前に告知します。
〇飲食を伴う会合及び懇親会は、「食事提供施設における感染防止対策の徹底について」を順守しているお店を利用し、テーブルの移動を避けるなどの感染予防策をお願いします。その場合でも、各自の意思を尊重し参加の推奨は控えましょう。
〇飲食を伴う会合及び懇親会は、2 時間以内とします。深酒をせず、会話の際はマスクを着用し、大声を避けること。(個人宅等での会食を伴う集まりも含みます。)