NEW

新型コロナウイルス感染症対策に関する福岡県中小企業家同友会の今後の会活動について

博多支部からのお知らせ

(一社)福岡県中小企業家同友会
代表理事 新内 一秋
代表理事 髙谷 幸一
代表理事 有田 栄公

長期化する新型コロナウイルス感染症により、会員の皆様におかれましては業種や地域を問わず、様々な影響を受けておられることとお見舞い申し上げます。

10月ごろにはいったん落ち着きかけていましたコロナウイルスは、残念ながら11月中旬から第3波が発生し、年末年始の行動自粛にも関わらず年明けも感染拡大が続いています。
この間、Webを活用したハイブリッド型の例会を開催し、感染状況の落ち着きにあわせて対面での活動を再開してまいりましたが、現在は関東へ緊急事態宣言が発令されたのを皮切りに、福岡県でも爆発的な感染拡大(ステージ4)へ移行し、昨日緊急事態宣言が発令されました。
移動の自粛や会食の制限はすでに県知事から要請されていますが、会員さんやその社員さんの罹患は続いております。

このような状況を鑑み、会としての社会的責任を自覚し、明日以降の会活動につきまして、緊急正副代表理事会を開催し、下記のように決定いたしました。

皆さんには大変ご不便をおかけいたしますが、感染拡大状況を一刻も早く落ち着かせ、通常の経済活動・会活動に戻すことを最優先すべく、皆さんで力を合わせて、この難局を乗り切りましょう。

<2021年1月16日(土)からの会活動について>
2月末日まで
・対面での活動を避け、オンラインを活用したWeb上の活動にしましょう。(学びの場・活動は止めない。)
 やむをえず対面で活動する際は、徹底した感染症対策を講じてください。
・同友会活動下の懇親会は開催しないようにしましょう。
・緊急事態宣言が発令されたため、国等からの要請も考慮することとします。